バンコク旅行

スワンナプーム空港のJGC会員で入れるキャセイのワンワールドラウンジを解説!

今回はタイのバンコクにあるスワンナプーム空港にあるワンワールドサファイア会員(JGC会員)で入れるキャセイパシフィック航空のラウンジをご紹介します。

「ラウンジに入る条件は?」から「ラウンジにシャワーはある?」まで、スワンナプーム空港でワンワールドのラウンジをこれから利用する方向けのページです。

このページを読んでいくことで、なぜキャセイパシフィック航空のラウンジがスワンナプーム空港内のワンワールドラウンジのなかで一番おすすめなのか理解できると思います。

ワンワールド便を利用してバンコクから海外に行く際は、ぜひキャセイのラウンジを利用してみてください!

本記事の内容
  • JGC会員なら誰でも利用できる
  • ラウンジ名物のワンタン麺が美味しい
  • シャワールームは無い

スワンナプーム空港のワンワールドラウンジ

2019年現在、スワンナプーム空港のなかには5つのワンワールドエメラルド/サファイア会員及びJAL Global Club会員(JCB会員)で入れるラウンジがあります。

  1. キャセイパシフィック航空ラウンジ
    (BKK) スワンナプーム国際空港 コンコース G
  2. 日本航空サクララウンジ
    (BKK) スワンナプーム国際空港
  3. Miracle ラウンジ
    (BKK) スワンナプーム国際空港 国際線出発ターミナル 3 階
  4. Thai Airways Royal Orchid/Silk ラウンジ
    (BKK) スワンナプーム国際空港 メインターミナル
  5. バンコク空港ビジネスラウンジ
    (BKK) スワンナプーム国際空港 出発エリア

2015年までカンタス航空ラウンジもありましたが現在は閉鎖しています。

Miracleラウンジは非常に綺麗で豪華なラウンジです。こちらは「プライオリティパス」を持っている方であれば誰でも無料で利用することができます。

このなかで、多くの旅行客&ビジネス客から「質が一番高い」と、とても評判なのがキャセイパシフィック航空のラウンジなのです。

各ワンワールドラウンジの利用条件

上記の5つのラウンジの利用できる条件をまとめました。

ラウンジの名前ファースト/ビジネスで利用可能な航空会社JGC会員営業時間
キャセイパシフィック航空ラウンジブリティッシュ・エアウェイズ
キャセイパシフィック航空
4:00am – 0:30pm
日本航空サクララウンジ日本航空5:45am – 8:30am / 18:00pm – 23:30pm
Miracle ラウンジフィンエアー
マレーシア航空
カンタス航空
カタール航空
スリランカ航空
24時間
Thai Airways Royal Orchid/Silk ラウンジロイヤル・ヨルダン航空5:00am – 2:00am
バンコク空港ビジネスラウンジS7航空24時間

つまりは、あなたが「ワンワールドのエメラルド/サファイア会員」かまたは「JGC会員」であれば5つのラウンジ全てを利用する権利があります。

ワンワールド会員/JGC会員ではない人は上の表に記載れている指定航空会社のファーストクラスかビジネスクラスのチケットを持っていればラウンジに入れます。

もしスワンナプーム空港でワンワールドのラウンジを予定でどのラウンジを使うか迷っているならキャセイパシフィック航空のラウンジに行けば間違いありません。

ワンワールドサファイア会員/JGC会員は同伴者1人まで一緒にラウンジを利用することができます。

キャセイパシフィック航空ラウンジの利用方法

キャセイパシフィック航空は香港の航空会社で、バンコクからは直行便だと香港とシンガポールのみです。

現在101都市へ就航しており、日本やアメリカなど他の国へのフライトの殆どが香港経由となっています。

ラウンジへのアクセス

僕が購入したのはエコノミークラスのチケットですが、 JGC会員(サファイア)の特典を使い、ビジネスクラス専用チェックインカウンターでチェックインをしました。

ラウンジ招待券

チケット購入時にJALのマイレージ番号を入力しておけば、自動的にサファイアステータスが反映され、チェックインの際には特にワンワールドのステータスカードの提示は必要ありません。

チェックイン時に航空券と合わせて「ラウンジ招待券」をもらうことができます。

ラウンジへの行き方

カウンターのお姉さんから見せてもらったのがこちらのマップです。税関通過後、とにかくコンコースGを目指します。ラウンジまで徒歩約5分です。

コンコースG

キャセイ便がGate Gからの出発なので、その近くにラウンジがあります。コンコースGまで歩いたら近くのエスカレーターからひとつ下のフロアの3階に降ります。

【外観】キャセイのラウンジ

エスカレーターを降りると直ぐにキャセイパシフィック航空のラウンジがありました。

ここで先ほどもらったラウンジ招待券を渡せばそのまま入れます。ラウンジ招待券がある場合はステータスカードの提示は必要ありません。一度退出した場合でも再入場できます。

ラウンジ内の様子

非常に高級感がある雰囲気でまさしく「大手航空会社のラウンジ」という感じがしました!

ラウンジの様子

スワンナプーム空港のキャセイパシフィック航空ラウンジでは香港人はもちろんですが、特に欧米系の人が多かったです。JALのサクララウンジよりも人気だと思います。

ラウンジの様子

ただ、非常に人気なため利用客もやはり多かったです。なので図書館のように物凄く静かな感じではなく、落ち着いたアットホームな雰囲気でした。

ラウンジ内には、ヌードルバー、サラダバー、ドリンクバー、デザート、バーカウンター、サンドイッチ、クッキー、パソコン、トイレ、などがあります。

サラダバー
デザート&ビール
パソコンデスク
コーヒーマシン

ラウンジ内の食べ放題メニュー

ラウンジ内では食事は全て無料なのは当たり前ですが、美味しい料理が食べれるかどうかがラウンジの評価の大部分を占めているので重要なポイントです。

料理のメニュー
料理のメニュー
  • ワンタン麺
  • 担々麺
  • 香港風焼きそば
  • パッタイ(タイ風焼きそば)
  • 豚まん
  • 海老シュウマイ
  • 豚シュウマイ
  • 野菜スープベースのマッシュルーム麺
  • ベジタリアンパッタイ
  • サゴ餃子
  • ペスト入り野菜スープ

なかでも多くの利用客にとても人気なのがキャセイパシフィック航空ラウンジ名物の「ワンタン麺」です!

注文したワンタン麺と海老シュウマイ
ワンタン麺

やはり噂通りとても美味しかったです!プリプリのワンタンと香港本場のスープがもちもちの麺とすごくマッチしてます。サクッと食べやすいサイズなのでついついおかわりしてしまいそう。

もう一杯ワンタン麺を食べたいところだったけど、僕の大好物の「パッタイ」を注文してみました。

ラウンジのパッタイ

パッタイも美味しかったです!ただ、僕には味がちょっと薄めでした。上品な味付けのパッタイだったので、追加で調味料や薬味を入れた方がいいかもしれません。

イーティングエリア

ワンタン麺などを注文できる「ヌードルバー」の前にはイーティングスペースがあるので、利用客はそこでご飯を食べていました。

ラウンジ内の飲み放題メニュー

ラウンジで「何が食べれるか」と同じくらい重要なのが「何が飲めるか」ですよね!

飲み物メニュー
飲み物メニュー
  • ビール
  • 赤ワイン
  • 白ワイン
  • シャンパン&スパークリングワイン
  • カクテル
  • 食前酒
  • ノンアルカクテル
  • ソフトドリンク
  • コーヒー&紅茶

ほぼ全てのお酒をカバーしてると思います。専用のバーカウンターでバーテンダーに注文すると直ぐに飲み物を用意してくれます。

お酒の銘柄を詳しく書くと、

ビール

  • Singha
  • Heineken

白ワイン

  • Mt.Monster Chardonnay
  • Buranga Hill Sauvignon Blanc

赤ワイン

  • Bin 555 Shiraz
  • Corner Stone Cabernet Sauvignon

シャンパン&スパークリングワイン

  • Chandon Brut
  • Chandon Rose

ラウンジの欠点

スワンナプーム空港のキャセイパシフィック航空ラウンジの唯一の欠点を強いて挙げるなら「シャワーが無い」ということでしょうか。

もし本当にシャワーが利用したい方はJALのサクララウンジかMiracleラウンジを利用してください。

おすすめがコンコースD3階にある「Miracle ラウンジ」です。ワンワールドのお客さん専用のラウンジではありませんが、こちらのラウンジには非常に綺麗なシャワールームが複数あるので安心です。サクララウンジの場合はシャワールームの数が少ないため混雑しやすいです。

Miracleラウンジは「プライオリティパス」で入れるので、エアライン系のステータスが無い方でも利用できます。

まとめ

ワンワールドのサファイア以上のステータスを持っている方はキャセイパシフィック航空のラウンジが一番おすすめです。

シャワールームこそありませんが、清潔感やサービス、料理の味やメニューの豊富さなど非常に質が高く多くの利用客から人気なのも頷けます!

JALのサクララウンジも日本人客に圧倒的人気があります。ただ、どうしてもJAL便に合わせた営業時間なので時間帯によっては使えないこともしばしば。

【最新版】バンコクのスワンナプーム空港のJALサクララウンジの時間やシャワーなど今回はタイのバンコクにあるスワンナプーム空港のワンワールドサファイア会員(JGC会員)で入れる日本航空(JAL)のサクララウンジをご紹介...

料理の質とラウンジ内の雰囲気はキャセイパシフィック航空ラウンジならではだと思います。

これからスワンナプーム空港のワンワールドラウンジを使う予定がある方の参考になれば嬉しいです。

「楽天プレミアムカード」で「プレステージ会員」をゲット

もし空港のラウンジに興味がある方は「プライオリティパス」をゲットしてみてはいかがでしょうか。

「プライオリティパス」とはプライオリティ社が運営するラウンジのことで、会員になると世界各国の空港のラウンジが無料で使えるようになります。

スワンナプーム空港にはこの「プライオリティパス」を使って合計14つのラウンジに入ることができます。ここでは、一部のエアライン系のラウンジにも入れちゃいます。

ただ、この「ラウンジ使い放題の会員」になるためには319米ドル(約34,600円)の年会費を支払わなければならない。高すぎますよね。

しかしながら、この「プレステージ会員(ラウンジ使い放題)」の会員権が無料で付帯するクレジットカードが日本にはあるのです。

それが「楽天プレミアムカード」です。たった年会費1万円(税抜き)で世界各国のラウンジの利用が完全無料になります。

>>プレステージ会員特典付き楽天プレミアムカードを見る

 

「年会費1万円」といっても、入会キャンペーンで5000ポイント~1万ポイント還元されるので、つまり初年度は、実質無料~数千円でいけちゃいます。

また、「楽天プレミアムカード」自体は、カードのレベルととしては「ゴールドカード」同等なので、保険など様々特典が付きます。さらに、楽天での買い物をすると、楽天ポイントが多く付きます。

なんと言っても最大の魅力が「プライオリティパス」の「プレステージ会員(ラウンジ使い放題)」が無料で付帯することですね。

日本で一番安くプライオリティパスをゲットする方法が「楽天プレミアムカード」になります。

「プライオリティパス」の注意点

同伴者は無料ではないので注意が必要です。楽天プレミアムカードのプライオリティ・パスの場合、同伴者の料金は3,000円(税別)となります。

「キャセイパシフィック航空ラウンジ」や「JALサクラ・ラウンジ」などの、「エアライン系ラウンジ」は基本的に利用できません。利用できるのはプライオリティ社が運営するラウンジのみとなります。

ただ、スワンナプーム空港では4つのエアライン系ラウンジに入れちゃいます。とてもお得すぎます。

楽天プレミアムカードでお得にラウンジ体験

通常4万円弱する会員権を日本人であれば同等のステータスを1万円程度でゲットすることができちゃいます。

特にワンワールドやスターアライアンスなどのエアライン系のステータスを持っていない方でも楽天プレミアムカードをゲットすることで、世界中の空港でラウンジ体験をしながら海外旅行を楽しむことができます。

ぜひ、この機会に「プライオリティパス」をゲットしてみてください。

>>プレステージ会員特典付き楽天プレミアムカードの詳細を確認する